ニキビ肌卒業には保湿によるアフターケアがおすすめ

ニキビが出来やすい人は、保湿よりも洗浄の方に力を入れているようです。
もちろん毛穴汚れをキレイにしていくことは大切ですが、保湿によるアフターケアを怠ってはいけません。
ニキビ肌を卒業するなら保湿ケアを心がけていきましょう。

ニキビ肌を卒業するなら肌の水分量を上げて!

ニキビが何度も出来てしまうのは肌の皮脂バランスが崩れているからです。
肌内部の水分量が少なくなると、それを補うために皮脂が過剰に分泌され、毛穴詰まりを起こし炎症を起こします。これがニキビです。
年齢とともに肌内部の水分量が低下してきますし、ストレスやホルモンバランスによっても肌の状態が左右されます。
年齢やストレスに負けないニキビの出来にくい肌になるためには、まずは肌の水分量を上げることが大切です。

油分ではなく水溶性のうるおい成分を補給して!

肌のうるおいを保つためには、水溶性のうるおい成分を補給することが大切です。
保湿ケアと言えば油分をイメージする人も多いのですが、肌内部のうるおいを保つには水溶性のうるおい成分が必要です。
セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやリピジュアなどが水溶性のうるおい成分なので、これらが配合された化粧品でうるおいを保ちましょう。ビタミンC誘導体には美白作用や皮脂分泌を抑える作用、コラーゲン合成を促す作用もあるのでニキビ肌には最適な成分です。
保湿や美白成分が配合されたニキビケア化粧品でお手入れしていくことで、ニキビ肌も卒業できるでしょう。

ニキビ肌には保湿ケアが欠かせません。
毛穴をキレイにしたら、うるおい成分が入った化粧品でアフターケアをしていきましょう。

関連記事

NO IMAGE

肌トラブルを繰り返してしまう人はどうしたらいいの?

NO IMAGE

諦めずにニキビ跡を治したい人のためのケアアイテムの特長

NO IMAGE

ニキビやシミ・くすみが気になったら洗顔フォームを見直そう

NO IMAGE

敏感肌の人でも安心して肌荒れ対策をする方法について